当画廊のイベントを紹介します。

第59回 翰林会

会期

2014.11.5(水)〜2014.11.17(月)

時間

11:00〜18:30
※会期中の火曜日は休ませていただきます。

会場

当画廊(福岡ビル1階・4階・7階)

第59回翰林会

天才画家、藤田嗣治をはじめ、価値ある実力作家の作品を、専門店ならではの価格で、多数集めることができました。
また今回は、絵画と合わせまして美術工芸品も多数出品させていただいています。某家より依頼され、買い取りさせていただきました現代陶芸・漆・茶道具・古美術等々、超特価で多数展示即売いたします。

展示作品
  • 岡鹿之助「水門」
  • 牛島憲之「麦秋の丘」
  • 里見勝蔵「ユス全景」
  • 斉藤三郎「踊り小屋」
  • 藤田嗣治「少年」
  • 田崎広助「あかふじ」
  • 平野遼「石段の女」
  • 田村能里子「風に咲く」
  • 林武「ばら」
  • 田村能里子「夢気分」
  • 香月泰男「籠の中の卵」
  • 大津英敏「少女(ガラス絵)」
  • 藤田吉香「野辺花」
  • 藤田嗣治「裸婦」
  • 北大路魯山人「灰被徳利一対」
  • 番浦史郎「萩の図大鉢」
  • 藤本能道「色絵木蓮図六角鉢」
  • 島岡達三「地釉象嵌縄文方壺」

第58回 翰林会

会期

2014.5.24(土)〜2014.6.9(月)

時間

11:00〜18:30
※会期中の火曜日は休ませていただきます。

会場

当画廊(福岡ビル1階・4階)

第58回翰林会

この度、5月24日に、1階ギャラリーの増床改装と共に東側入口(ヤマハ前)に大ショーウィンドーを新設いたします。大ショーウィンドーは、未来型無人店舗として、お一人でも気兼ねなく、まるで美術館で絵画を鑑賞しているような気持ちになれる場所です。是非、ご覧いただきたくご案内申し上げます。

展示作品
  • 岡鹿之助「礼拝堂」
  • 児島善三郎「小菊」
  • ルノワール「少女」
  • 横山大観「海暾」
  • 高山辰雄「水無月」
  • 坂本繁二郎「牛」
  • 梅原龍三郎「銅牛」
  • 佐藤忠良「ジャコビン」
  • 鴨居玲「ブラジルのインディア娘」
  • 宮本三郎「人形」
  • 須田国太郎「鳩」
  • 田崎広助「阿蘇山」
  • 牛島憲之「朝凪」
  • 木下孝則「薔薇」
  • 児玉幸雄「パリー風景」

第57回 翰林会

会期

2013.10.16(水)〜2013.10.28(月)

時間

11:00〜19:00
※会期中の火曜日は休ませていただきます。

会場

当画廊(福岡ビル1階・4階・7階)

第57回翰林会

触れると消えてしまいそうなキスリングの危うげな少女や、自由というものの品格を見せてくれる前田青邨の紅白梅、血の匂いまでしてきそうな「いのち」を描いたような宮本三郎など、想像力を呼び起こす展覧会を企画しました。

展示作品
  • キスリング「スカーフをしたブロンドの婦人」
  • 彼末宏「静物」
  • ブラマンク「白い花瓶の花束」
  • 後藤純男「雪后大和」
  • 小泉智英「霜夜」
  • 堅山南風「錦鯉」
  • 岡信孝「秋嶽」
  • 前田青邨「紅白梅」
  • 宮本三郎「フランス人形」
  • 寺内萬治郎「椅子による裸婦」
  • 牛島憲之「天草の港」
  • 牛島憲之「風景」
  • 向井潤吉「秩父早春」
  • 絹谷幸二「光る街イタリア」

第56回 翰林会
KEY of LIFE

会期

2013.4.17(水)〜2013.4.29(月・祝)

時間

11:00〜19:00
※会期中の火曜日は休ませていただきます。

会場

当画廊(福岡ビル1階・4階)

第56回翰林会

国吉康雄の気だるさの中のかっこよさ、四角い太陽を描いた小絲源太郎は、茶室のような小さな空間に宇宙を思わせ、マティスの貴婦人のような児島善三郎の薔薇はかっこいい人生を送るためのヒント(KEY of LIFE)をくれている気がします。

展示作品
  • 国吉康雄「カフェNo.2」
  • ビュッフェ「ブルターニュの海岸」
  • ルオー「ピエロ」
  • 鴨居玲「ETUDE(D)」
  • 鴨居玲「鶏」
  • 児島善三郎「伊豆風景」
  • 児島善三郎「薔薇」
  • 彼末宏「静物」」
  • 鈴木信太郎「桃」
  • 平野遼「サマルカンドの女」
  • 小絲源太郎「富士見ゆ」
  • 小磯良平「西洋婦人」
  • 寺内萬治郎「裸婦」
  • 里見勝蔵「松と山」

今「資産価値」のある作品

会期

2012.12.15(土)〜2013.1.21(月)

時間

11:00〜19:00
※会期中の火曜日は休ませていただきます。

会場

当画廊(福岡ビル1階・4階)

今「資産価値」のある作品

福田平八郎、梅原龍三郎、上村松篁、荻須高徳、鴨居玲、佐藤忠良など、錚々たる芸術家の作品の価値を再認識することは文化国家、先進国の品格ではないでしょうか?と、本物の持つ魅力、文化の力の必要性を訴えた展示会でした。

展示作品
  • 福田平八郎「雪中竹椿遊雀」
  • 枚進「ブルターニュの海岸」
  • 鴨居玲「かるた」
  • 長谷川潔「踊」
  • 国吉康雄「ドアに立つ女」
  • 清宮質文「山上の湖」
  • 山口薫「しののめの水」
  • 山口長男「咬」
  • 篠原有司男「飴玉オートバイ’93」
  • 藤本能道「色絵花鳥文壺」
  • 佐藤忠良「ジャコビン」
  • 荻須高徳「クラ通り」
  • 上村松篁「鶲」
  • 松尾敏男「妍春」
  • 児島善三郎「アネモネ」
  • 梅原龍三郎「姑娘」

第55回 翰林会
柴田善二 彫刻小品展

会期

2012.11.28(水)〜2012.12.8(土)

時間

11:00〜19:00
※会期中の火曜日は休ませていただきます。

会場

当画廊(福岡ビル1階・4階)

第55回翰林会

柴田善二の優しい眼差しが、すべての作品の瞳になっているような木彫、テラコッタ、金工の穏やかな展示会でした。

展示作品
  • 「チーター【ブロンズ】」
  • 「キリン【ブロンズ】」
  • 「オランウータン【パート・ド・ヴェール】」
  • 「チーター【ブロンズ(金色)】」
  • 「猫【木彫】」
  • 「キリンとヒヒたち【ブロンズ】」
  • 「チンパンジー【鉄】」

第54回 翰林会

会期

2012.6.6(水)〜2012.6.18(月)

時間

11:00〜19:00
※会期中の火曜日は休ませていただきます。

会場

当画廊(福岡ビル1階・4階)

第54回翰林会

「Art as home」生活の中に芸術を取り入れることで、心が豊かで贅沢な人生が送れるんじゃないかと提案した展示会でした。人間のもつ雰囲気、気品は、文化によって創られる。かっこいい人生についてお客様と一緒に話し合いました。

展示作品
  • 篠原有司男「飴玉オートバイ’93」
  • 加山又造「冬」
  • 佐藤忠良「ジャコビン」
  • 藤田嗣治「花を持つ少女」
  • 小絲源太郎「三色菫」
  • 田崎広助「朱富士」
  • ジョルジュ・ルオー「ビブリック風景」
  • 山口薫「しののめの水」
  • 岡田三郎助「裸婦」
  • 中川一政「向日葵」
  • 熊谷守一「浮雨変化無蹤跡」